スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




海岸通り

桟橋前の広場を出ると、海岸に面した通りになります。

宮島51

宮島52

車も通る道なのですが、ほとんど歩行者天国みたいな感じでした。ずっと前に宮島に行った時とくらべて、観光客の多さにびっくりでした。これも「世界遺産」に登録された効果かな?

宮島53

「イカ焼き」のお店が出ていて、女の子が買っていました。

宮島54

こちらは、店先のベンチで「アイスもみじ」を召し上がっているところでしょうか。

宮島55

下の写真の右側に門があるのですが、閉まっていて観光客が左の商店街に流れるようになっていました。でも、門の脇を通って、そのまま真っ直ぐ進む方も多かったように思います。

宮島56

                    宮島観光
  次の記事 表参道商店街
 ひとつ前の記事 桟橋前広場-日本三景碑・世界遺産の碑など





スポンサーサイト

桟橋前広場-日本三景碑・世界遺産の碑など

桟橋前の広場には「日本三景碑」「世界遺産の記念碑」「厳島合戦跡の説明板」があります。

宮島桟橋を出ると、そこは石畳の広場です。石灯籠には「歓迎」の文字が刻んであります。

HA36.jpg

厳島神社へ行くには、緩いスロープを下って右に曲がります。
建物の外には、たくさんの鹿がいます。

HA371.jpg


この鹿、見た目はかわいいのですが、いちおう野生の鹿ということなので気をつけましょう。特に、角がある鹿には要注意です。

さて、厳島神社に向かって歩くと、左手に「厳島合戦跡の説明板」があります。

HA38.jpg

「毛利元就ゆかりの地 厳島合戦跡」と記されています。

また、更に歩いていくと右手に「日本三景碑」があります。

HA39.jpg

「日本三景」の由来については、次のとおりです。

-江戸時代の儒学者、林春斎(林羅山の三男)が著書「日本国事跡考」で、「丹後天橋立、陸奥松島、安芸厳島、三処を奇観と為す」と記している-

つまり、「天橋立と松島と厳島」の景色は素晴らしい、ということを書いたワケですね。

でも、「日本三景碑」の文面を、よ~く読むと……微妙に順番が変わってたりします。
たぶん、地元なので「安芸厳島」を一番に持っていきたかったんでしょうね。

HA40.jpg

ちなみに、2006年に「日本三景観光連絡協議会」は、林春斎の誕生日の7月21日を「日本三景の日」に定めたそうです。

 「日本三景の日」制定 7月21日を記念日に 地元厳島など
  (西広島タイムス Webタイムス)

広場の出口付近には「世界遺産登録記念碑」があります。

HA41.jpg

「世界遺産 厳島神社」と書いてあります。「厳島神社」は、「いつくしまじんじゃ」と読みます。これに限らず、広島の地名には県外の方には読みにくいものが多いかもしれません。

HA42.jpg

ところで私が7月に行った時には、托鉢僧の方がいらっしゃいました。

HA43.jpg

へぇ~と思って見ていたら、女性の方がさりげなく功徳を積んでおられました。

HA44.jpg

                     宮島観光
  次の記事 海岸通り
 ひとつ前の記事 宮島桟橋





宮島管弦祭

宮島の管弦祭は、旧暦六月十七日大潮の日に、厳島神社で御神体の海上渡御を目的とした、神事です。

宮島観光公式サイトによると、次のように説明されていました。
※途中省略してあります。

  平清盛が都の「管絃の遊び」を模し、
  神様を慰める神事として執り行われたのが始まり。
  午後4時からの厳島神社本殿での発輦祭の後、
  御鳳輦を御座船に移し、管絃を演奏しながら
  対岸の地御前神社に向かいます……
  ……雅な平安絵巻は、深夜まで続きます。


先日、宮島に行った時に「管弦祭」のポスターがあちこちに掲示してあったので、「見に行こう」と思っていました。

そして、管弦祭当日の7月19日、JRの連絡船に乗って、いざ宮島へ。

船上から、大鳥居が見えると、その前には御座船らしき船を発見!です。

HA25.jpg

愛用の「ペンタくん」のズームをいっぱいにして、船を撮影してみました。

HA26.jpg

続いて、次々とシャッターを切ります。後ろには、五重塔と千畳閣が写っています。

HA27.jpg

こちらはバックに厳島神社の大鳥居。

HA28.jpg

宮島に到着すると、ほどなくして小雨が降りはじめてしまいました。

HA29.jpg

それでも、「これくらいなら……」と、厳島神社めざして出発。

HA30.jpg


いつもは、商店街を通って行くけれど「今日は海岸を通っていこうか」と話していたら、雨が本降りなってしまいました!!松の木陰で一時雨をしのいだものの、ぜんぜん降り止む様子はありません。人が濡れるのはともかくカメラは雨に弱いので仕方なく、大鳥居をパチリと撮して桟橋の建物へ退却です。

HA31.jpg

その後、もう一回チャレンジするも、今度は激しい雨降りのため、連絡船で帰ることにしました。桟橋を歩いていても、屋根がないところがところどころにあって、濡れてしまいます。ようやく船室に入って、エアコンの効いたところで一息つきました……座れませんでしたけど、ネ。

HA32.jpg

雨粒が海面に落ちるのを眺めながら船の中で涼み、そして宮島口に到着すると……なんと、すぐに雨が上がったじゃありませんか!!

気をとりなおして、「丸亀製麺」でおうどんをいただくことにして、窓の外を眺めていたら大鳥居が見えます。「もしかして、ここから撮れるかも……」思って撮影したのが次の写真です。(トリミングしてあります)

HA34.jpg

次の日、中国新聞の一面に「勇壮に平安絵巻 厳島神社で管弦祭」の記事が掲載されました。さすが、新聞社のカメラマン、見事なワンショットですね。

HA35.jpg

※「中国新聞」2008年7月20日の第一面の記事から



ランキングサイト
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 広島情報
リンク集
Google検索
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。