スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




みやじまトライアスロン4

多くの選手に声援を送って、私もウッドワン美術館へ急ぎました。

車を走らせながら、何人かの選手を追いこしました。駐車場に車を止めて、私もゴールの場所を目指して走りました。

既に何人かの選手がゴールされていました。早速、感動のゴールを撮りました。

宮島トライアスロン21

親子でゴールする人、仲間と共にゴールする人、さまざまです。

宮島トライアスロン22

宮島トライアスロン27

完走した喜びが伝わってきます。

宮島トライアスロン25

宮島トライアスロン30

トライアスロンでは選手だけでなく、家族や仲間とのゴールも認められているとのこと。見ている私にとっても、感動的なシーンの数々でした。

ただ、それだけに気になることを書かざるを得ません。
それは、ゴールテープを張るのが間に合わなかった場面が少なからずあったということです。

テープの持ち手は、高校生くらいの女の子が二人で、テープは予備がありました。
しかし、テープの持ち手が一組しかいなかったので、次々にゴールする選手がいた場合に間に合わないのです!
他にもボランティアの方がいらしただけに、主催者側で何とかしてもらいたいと痛切に思いました。
特に、間に合わずに残念そうな選手が何人も出てきた時には、迅速な対応がほしいと感じました。

宮島トライアスロン23

さて、選手のゴールが続いている横で、「表彰式」が行われていました。
男女別、年代別と分けての表彰でした。

どの顔も誇らしそうです。
また、周りで見守っている方々の表情もすがすがしく感じました。

宮島トライアスロン33

今年も数々の名場面がありました。

宮島トライアスロン31

宮島トライアスロン28

宮島トライアスロン29

選手の皆様、完走おめでとうございます!そして、選手の皆様をはじめ、選手の家族・仲間の皆様、大勢のスタッフの方々、ありがとうございました。



comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキングサイト
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 広島情報
リンク集
Google検索
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。