スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




厳島神社の玉取祭

厳島神社の玉取祭を撮影しました。
初めて見に行くので大変楽しみにしていました。

当日はわくわくしながらフェリーで宮島に渡り、御笠浜(みがさのはま)へ。

玉取祭-001

まずは太鼓のお出迎えがありました。

玉取祭は、伝統ある男性的な祭りと聞いていたので期待がふくらみます。
なんでも、男たちが海上で宝珠の争奪戦を行う勇壮な行事とか。
宝珠をやぐらから落とした者、そしてゴールまで運んだ者には福が訪れるという話でした。

玉取祭-002

近くの方にお聞きすると、写真右下のゴールのようなものに玉を入れるそうです。
右上の幟には「注進所(ちゅうしんじょ)」と書いてありました。

玉取祭-003

神事が終わっていよいよ玉がセットされます。
ロープは何のためにあるのかと思ったら、玉の台をつり上げるためでした。

玉取祭-004

威勢良く海に飛び込む男たち……のはずが、わりと静かに海に入られます。

なんとなく違和感を感じたのですが、ハタと気が付きました!
服装が、「ふんどし」ではなく「海パン」だったからです。

なんだか、聞いていた話と違う感じ……。

玉取祭-005

いよいよ宝珠の争奪戦が始まりました!

「あれっ、何となくアナウンスと違うような?」

確か「玉を奪い合う勇壮な祭り」と聞こえたのですが?

ピラミッドを造って盛んにチャレンジします。
でもなかなか玉は取れません。

「あっ、台に手がかかったわ。これで取れるかしら」

残念ながらバランスを崩して海の中にバシャーン!

   玉取祭-006

何度か挑戦してやっと台に上ることができました。
玉はしっかり固定してあるようで取り外すのに時間がかかりました。

ようやく玉が下に投げられました。
さあ、これから奪い合いが始まると思いきや、こんな風になりました。

玉取祭-007

みんなで喜んで玉をパスしあっています。
「まるで水球のようね」
思わずつぶやいたら、お隣から
「いやー、これじゃおもしろくないがね!」とお答えが。

近くの新聞記者が、携帯を手に報告をはじめました。
「……いや、あのーみんな水球みたいに玉をまわしてて……注進所には向かわないみたいです。……たぶん疲れたんじゃないですか?……」

せめてゴールに入れるところを撮影しようとカメラを構えていたのですが……
玉は厳島神社の方へと運ばれていきました。

この時、お隣の方が、
「玉取祭がこんな祭りだったとは……」
と苦笑されていました。
その方も宮島にはよく来られているそうですが、実際に行ってみなければわからないことってありますね。

でも、こういう「楽しい地元のお祭り」も、ほほえましいですね。




管弦祭

昨年に引き続き、管弦祭を見ようと宮島まで行ってきました。

管弦祭は、厳島神社を造営した平清盛が始めたとか。

古くから都では、池や川に船を浮かべて「管弦の遊び」が行われていました。

それをもとに、瀬戸内海を池に見立てて行われたのが宮島の管弦祭です。

そして、「管弦の遊び」ではなく神様を慰める「神事」として行われているそうです。

「日本三大船神事」ということですが、大阪天神祭(大阪)やホーランエンヤ(松江市)と比べると少々控えめかもしれません……。

宮島管弦祭01

フェリーが宮島に近づくと、厳島神社の大鳥居と祭りの船の姿が見えてきました。

宮島へ渡る船はJRと松大汽船とがありますが、JRの連絡船は大鳥居の近くを通るので、行きによく利用しています。

宮島管弦祭04

船を下りて御笠浜まで行くと、ちょうど引き潮で、大勢の方が大鳥居のあたりを歩いてらっしゃいました。

管弦祭は、旧暦6月17日に行われますが、これは潮の満ち引きを考慮したためだそうです。

大潮でないと、船が社殿に接岸できないというのがその理由だそうです。

ということで、管弦祭の日の午後は毎年引き潮なのでしょうね。

宮島管弦祭02

沖には御座船(管弦船)が浮かんでいて、何やら神事が行われているもようでした。

潮が引いたところを歩いて近づいていくと、立派なカメラを持った年輩の女性が、私のそばを通り過ぎて行かれました。

ズボンの下のあたりが濡れていて、近くに寄って御座船を撮影されたようです。

さすがに海の中に入るのは遠慮しましたけど、周りを大勢の人が取り囲んでいて、なかなかうまく撮影できませんでした。

船からは、ひちりきなど雅な演奏が聞こえてきます。

ときおり神主さんの姿は見えるのですが巫女さんはハッキリと確認できませんでした。

宮島管弦祭03

静かな時間が流れて、ようやく船が出航です。

このあと、御座船は管弦の演奏をしながら対岸の地御前神社に向かいます。

いったん引き上げようとフェリー乗り場に行くと、若い女性たちが、ちらしを配ってらっしゃいました。

    宮島管弦祭

管弦祭に合わせて、「広島エフエム放送」のイベントが夜に行われるようです。

「あの方たちは放送局のスタッフかな?」と思いつつ、いったん宮島を後にしました。



さて、日も暮れはじめた頃、もう一度フェリーに乗って宮島に向かいました。

宮島管弦祭05

夜8時、長浜神社の近くでラジオの中継です。

管弦祭の様子が放送されるのを興味津々で聞きました。

宮島管弦祭06

笠に黒い羽織と揃いの着物、何が始まるのか楽しみです。

後ろにあるテントでは提灯が用意されていました。

宮島管弦祭07

盆踊りのような踊りが始まりました。

バックに赤い鳥居が見えます。

この踊りは、先日行った津和野の「子鷺舞」を思い出すような静かな舞でした。

8時30分、いよいよ提灯が配られます。

ろうそくに火を付けて御座船の到着を待ちます。

御座船を提灯を降って出迎えます。

ここでも昼間厳島神社の前で奉納されたような神事が行われます。

宮島管弦祭08

神事が無事に終わって、御座船が3度鳥居の前を回って厳島神社に帰ります。

私たちも提灯を持って厳島神社まで行列で移動、提灯行列です。

終点の厳島神社までお供したかったのですが、フェリーの関係で桟橋でお別れしました。



帰りの船の中でこんな話を聞きました。

話を聞いたのは松大汽船の従業員さんからです。

「真っ赤な顔をした外国人が苦しいといって助けを求めてきたのよ。
 介護しながら出身地を聞くとクロアチアと話していたわね。
 熱中症みたいで、冷たいタオルで冷やしてあげたりしたんだけど、
 やっと元気になって仲間と合流するために出発してほっとしてテレビを見てたら、
 何とその人が平和公園の式典のインタビューで出ていてビックリ!
 平和公園から宮島に回って来て、さぞ疲れたことでしょうね。
 でも……顔が真っ赤になって赤鬼と言う言葉がぴったりの人だったわ!」

笑いながら話されたのですが、国際貢献に一役買われたことには違いないですね。




さいき水まつり

さいき水まつりに行ってきました。

このイベントは、佐伯地区で最大の催しらしいのですが……

さいき水まつり01

あいにくの天気で人が少ない……。

さいき水まつり02

バンドの演奏が始まりましたが、観覧席はがらがらでした。
ただ、周りの屋台や後ろの席にはけっこう人が集まっていましたっけ。

さいき水まつり03

演奏の後でインタビューです。
終わった後の、すがすがしい笑顔がいいですね。
メンバーのお一人は佐伯の出身だそうです。
バンド名は「ロンドンウェーブ2」で、この「さいき水まつり」の常連さんとか!
他のメンバーの方は、遠方から来られているようです。

さいき水まつり04

このグループは、地元の有志ということです。
職業もまちまちで、住職さんから大工さんまでバラエティーに富んでいました。
もともとは、まつりの主催者である「青年会」のメンバーが集まったとか。
第1回の「まつり」で話がまとまり、2回目からずっと参加だそうです。

さいき水まつり05

最前列のほうでは、けっこう応援が盛り上がってましたねー。

さいき水まつり06

お祭りらしく、浴衣の女の子もちらほら。
夏らしくて、なんだかいい雰囲気でした。

さいき水まつり07

イベントが一段落したところで、プロの歌手の方が「音あわせ」をされていました。
写真は、ちゃーみぃぃ聖子さんです。
夜の部に出演ですが、私は早く帰ったので見られませんでした。

さいき水まつり08

夕方近くになると、観客も増えてきました。
地元のジャズダンスグループの演技です。

さいき水まつり09

花火まで見るつもりだったのですが、雨が降りそうで……
早々と引き上げました。

この雨で川の水量はかなり増えています。
そんな中、元気良く鯉が泳いでいました(笑)。




ランキングサイト
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 広島情報
リンク集
Google検索
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。